読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぃ散歩。

写真と散歩といろいろ。

贅沢な休日の使い方(”写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと”を観る)

LINE@はじめました!!
写真メディアもはじめました!ライター募集中!

f:id:naitwo2:20160113000413j:plain
平日の火曜、サラリーマンに与えられた権利である”有給”を取得した。 

生活のリズムを壊さないために平日と同じ時間に起きたけど、決められた予定があるわけではないので何をするか悩む。

そうだ映画を見よう

普段しないことをやろうと思いたち、少し考えて見たい映画があることを思い出した。

「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」 saulleiter-movie.com



ミニシアター

ドキュメント映画を映画館で観るのは初めて。
映画館は渋谷の「イメージフォーラム
ミニシアター系のコンパクトな映画館。

www.imageforum.co.jp


この映画館は、10時30分からその日に上映する全ての映画の整理券を発行する。
上映時間の15分前に入場することができるので、整理券の順番で入場する。
ミニシアターでは、整理券方式が一般的なのかな。


平日の午前中だからか、観客は10人程度。
自由に席が選べた。

写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと

ニューヨークで活躍した写真家”ソール・ライター”氏のドキュメンタリー。
「自分を映画にする価値はないーーー」
氏のインタビュー映像から映画ははじまる。
第一印象は、お硬い芸術家。
でも、その印象は彼の笑顔を見てすぐに変わった。

美しい映像と音楽。それだけで見てよかったと思える映画だった。
氏の人生と考え方、そして生活の断片が加わり、映画により引き込まれる。


インタビューを受けている時のモノであふれた住居の中も、散歩でカメラ片手に歩いているニューヨークの街も映像として心地よかった。
持ち歩いているカメラがLUMIXデジタルカメラだったのも印象的。

写真を撮らない人も楽しめる作品だと思うけど、撮る人はより楽しめるはず。
”誰のために撮るのか?何のために撮るのか?”
そんな悩みがある人は、見ると少し気持ちが楽になるかもしれない。



それにしても、平日の休みに静かに映画を観るってかなり贅沢な気がする。
これから、ミニシアターの映画もたくさん観たい。

Early Color

Early Color


www.flickr.com